武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。出来たてほやほやサブ3.5ランナー。

過去のレース回顧 -第1回栗原ハーフマラソン-

春シーズンのレースを迎える前に、昨シーズン走ったレースの振り返りを少しづつ。

まずは現状のハーフベスト(1:30:06)で走った栗原ハーフマラソンから。

 

<アクセス>

仙台からはバスでスタート地点の若柳総合支所前まで直通。便利。

時間もレーススタート1時間ちょっと前に着く便があったので、それを選択。

 

<会場>

先に参加賞を受け取って(大きめのバスタオルとお米 2kg)から当日は雨だったので、待機場所の体育館でレース前まで待機。

大会の規模自体も1000人規模程度だったので、待機場所&トイレなども混みあうこと無く快適。

荷物預けは無しで、体育館に置いておく形。近隣などにコンビニは無いので、飲み物などは予め購入しておくが吉。

 

<レース>

スタートの並びは自己申告順。1時間30分程度のところに並んで前から4-5列目?スタートロスは10秒無いくらい。装備はランシャツ+5インチランニングショーツにアームカバー。靴はウエーブスペーサーで。

一応1 km毎に表示はあったけど、いまいち正確じゃない感じ。途中までは手動でラップを取っていたけど、混乱するので自分の感覚で走る。これは改善してると良いなー。

 

スタートから中間点まではしとしと雨に濡れながら。幸い風は無かったものの、なかなか体が温まらずに苦戦。後半は雨は止んだものの、今度は濡れて冷える体を必死に動かす展開。そういう意味では精神力が試されたレースでした。

入りの5 kmが21:08。中間点で45:03、最後の5 kmが21:08と結果的に完璧なイーブンで走りきって、自分でもびっくり。中間走をしっかり攻めきれていれば、この時点でも90分切りは不可能じゃなかったんだろうけど、後の祭り。

 

これ以前のレースは残り5 kmでスピードが維持しきれなくてラップが落ちる傾向にあったけど、この時は最後まで余力を残してスパートを掛けられたので、それが好タイムにつながった勝因かな?

当時は土日のセット練でポイント練習+20 km jogを毎週やっていたので、その効果が存分に発揮された形に。今の練習メニューはこの時のものをベースにして組んでいます。

 

<レース後>

おにぎり2個と豚汁の振る舞い。冷えた体には最高だった。

抽選会も最後まで居たけど、結局何も当たらず…残念。バスの中でビールを飲みながら帰りました。

 

<全体的な感想>

コースも完全な平坦、人数も少なめ、タイムを狙える良いレースでした。

広告を非表示にする