武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。出来たてほやほやサブ3.5ランナー。

【レース回顧】東日本国際親善マラソン(その②:10 km~レース後)

今日は走るつもりで朝起きたら雨音が…明け方には止むって言っていたのになーとボヤきながら朝食を摂っていると、どうやらタイミング良く雨が上がった模様。

これはチャンス!!とばかりに急いで着替えて15 kmばかしjogしてきました。

<練習内容>

jog 15 km, 1:21'38, Ave.5'26

f:id:beer_beer:20170418113218p:plain

f:id:beer_beer:20170418113233p:plain

レース後なので有酸素域でのんびりリラックスしてjog。一昨日炎天下の中走ったせいか、20℃くらいじゃむしろ涼しく感じる(笑) レース後に左脚の膝周りと両足の足底にダメージがあったので、その辺りの具合を見つつ。そういう理由もあって本当は不整地を走りたかったものの、流石に雨上がりではドロドロだったので、周りの周回コースをグルグルと。

4 km位までは動きが悪くて体も重い感じでしたが、それ以降は汗もしっかりかいて普段通りの動きに近くなりました。左膝はまだ様子見が必要な感じだけど、足底は疲れが取れれば何とも無さそうな様子。週末に追い込む練習をする予定なので、今週はひたすらリカバリーですね。

さて、昨日のレポの続きを。今日はレース後まで一気に行くぞ!

レースレポ:東日本国際親善マラソン

10 km~15 km(4'28-4'18-4'25-4'38-4'25:22'14)

12 km目でようやく向かい風区間が終了。脚も体力もだいぶ削られて、あと10 kmをどう走ろうか…と逡巡。水分は給水所ごとに摂っていたものの、日差しも強くて体内がどんどん乾いていく感覚も有り。よって、このまま無理にペース維持したら確実に潰れる…と判断して、設定より10秒落ち(キロ4'25~30)で行けるところまで行くことに。

14 km目で再び陸橋の上り下り。この辺からかなりの数の周回遅れの人を抜いていく。この気温と風じゃ歩きたくなる気持ちもよく分かります。。。何人かはボランディアの係員の人にリタイアを申し出ていたりして、それも正解だよなーとか横目で見つつ。まだこの辺りは追い風だったので、精神的には多少楽だったものの、この後にあの向かい風が待っていると考えると何とも。

ただ、15 kmまではまだ脚も体力も多少残っていて、(この後よりは)しっかり走れていました。

15 km~20 km(4'34-4'36-4'52-4'49-4'55:23'46)

16 km過ぎから再び向かい風区間。気力を振り絞って何とか粘り込もうとするも、2 kmくらい走って脚も体力も一杯に。手元のガーミンを見ると、キロ5がチラチラと見えて、流石にラップでキロ5を見るわけに行かない!!とばかりにギリギリの攻防(笑)

自分も周囲を走る人も皆バテバテという状態の中、何でハーフにエントリーしてしまったんだろう…と深く後悔したりしながら、一歩一歩ゴールに向かって歩を進める。

20 km~ゴール(4'52-1'08)

あと1 kmを迎えても、当然そこから盛り返せるだけの気力も体力も無し。1秒でも早くゴールへ!!という気持ちはあるものの、この条件ではなかなか厳しいものがありました。

ゴールゲートが見えてきて、電光時計のタイムを見ると丁度95分くらいでのゴールになりそうな感じ。最早タイムへのこだわりは無かったので、そのままのペースでやっとこさゴール!! 公式タイムは1:35'10でした(ハーフ一般男子で50位台)。

ゴール後

ゴール後に声を掛けられて見てみると、ちみのすけさん(id:chiminosuke)が待っていて下さいました! スタートでお会い出来なかったので、嬉しいサプライズ(長い時間お待たせしてスイマセンでした(笑))

とりあえずビールで一杯乾杯しましょう!ということで、

f:id:beer_beer:20170418112820j:plain

辛いレースではありましたが、この一杯のために走っているんだなーと改めて思いました(笑) レースの感想(風がヤバかった)や今後のレース、駅伝に是非!!みたいな話をして、ちみのすけさんとはお別れ。短い時間でしたが、お話出来て良かったです!!

その後は弟と昼飯を食べながらの反省会(今回は2分ほど負けました)。ここでも風がヤバかったという話が全体の8割くらいを占めていた気がします。

総括

4月にも関わらず夏日のレース、かつ強風が吹く中ということもあってタイム的には少々物足りない感じ。ただ、改めてラップを見ると意外と粘っているなーと感じる部分もあり、悪条件が重なった割には健闘したと言って良いんじゃないかと思います。

自分自身は練習不足であったものの、悪い条件が重なってもこの位のタイムで走れる!っていうのは結構自信になった気がします。(本当はちゃんと練習を積んでおくべきですが…)

運営自体は手慣れたもので、不満点はスタートの整列くらい。時期的に気候が不安定なのが難ですが、普段走れない場所を走れるという意味では面白いと思いました。

f:id:beer_beer:20170418143934j:plain

かすみがうらの10マイルもちょっと気になっているので、来年は相模原に居るか土浦にいるか分かりませんが。。。

以上東日本国際親善マラソンのレポになります。長文をご覧頂きありがとうございました!!

広告を非表示にする