武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。いつの間にやらサブ3:15ランナーに。

MENU

【85分台で走れたぞ!】第19回ハイテクハーフマラソン(その①:スタート前~10 km)

昨日の速報記事に沢山のコメントありがとうございました!

自分でもなぜ85分台で走れたのかよく分かりませんが(笑)、ちゃんと今後のために振り返っておきたいと思います。

レースレポ:第19回ハイテクハーフマラソン

・レース前

レース前日は仕事が長引き(not our fault!)、銭湯に行く気力は起きず。精神的にも疲れていたので、ささっとパスタを茹でて夕食にして念入りにストレッチしてから就寝。

朝は6時半起床。7時に家を出て赤羽まで。脚の疲れは残っている感じで、右足首の違和感も少々。これからレースに挑むって感じじゃないなー(笑)と自嘲気味ではありましたが、8時半には会場着。ブースを物色して、後から来た弟と合流してアップへ。

f:id:beer_beer:20180115161448j:plain

下流側に走っていきましたが、この時点での風の強さで気持ちが萎えかける(;´Д`) どうやって走れば良いんだ…と頭を抱えながら、キロ6切るくらいでゆるゆると2 km走ってアップ終了。

このレースは参加人数の割にトイレの数が少ないので、アップ終了後に動的ストレッチしながらトイレに並ぶ。早めに行ったので10分待ちくらいで済みましたが、済ませる頃には長蛇の列になっていたので、来年以降も注意が必要ですね。

荷物は預けずにピクニックシートに包んで置いておいて、スタート20分位前に整列。だいぶ後ろの方になってしましたが、第一ウェーブだから流れるだろうと判断。体を動かしながら待つも、やっぱり風が冷たく寒い…。これで本当にスピードを出せるのか!?と不安に思いながら10時丁度に号砲!

・スタート~5 km (4'13-4'07-4'10-4'08-4'10, 20'48, Ave. 4'10)

スタートロスは公式記録では32秒。スタートラインから500 mくらいは流石に混雑するも、それ以降は意外とバラけて割りと自分のペースに持っていきやすくなる。

事前の戦略では往路は4'10で行く予定だったので、そのくらいのペースで走っている人を見つけては後ろに付いて…というのを徹底する。細かいペースの上げ下げはあるものの、全体としてはほぼ想定ペース通りの進行。

3 km辺りで中々良いペースで走っている美ランナー(女性でキロ4近くで走れる人をジョガーとは呼べない(;´Д`))が居たので、暫し後ろに付かせて貰う。5 kmまではそんな感じで常に5人~10人くらいの集団で走っている感じで、淡々と距離を消化。

ペースの割に体の動きは良く、しっかり脚は回っている感じ。息も深く出来ていて、とりあえず中間点までは行けるかな?という手応え。

風は終始向かっているものの、前に人を置いているという精神的な安心感があるお陰か、体感よりも前に進んでいる感じ。ただ、時折吹く強い風は勘弁(;´Д`)

あっという間に5 kmまで到達して、手元のラップは20'48。去年とは違う強い向かい風の中を考えれば、まあまあの5 kmの入りでした。

 

・6 km~10 km (4'06-4'03-4'07-4'04-4'09, 20'29, Ave. 4'06)

5 kmを過ぎて体も温まってきたので、若干ペースアップ。美ランナーの後ろを離れて、もう少し早いペースで進んでいる数名のランナーの後ろに着く。手元でペースを確認すると4'05前後だったので、ちょっと早いかな?と思いつつも、離れると余計辛いので追走する。

4人の集団で走っていましたが、1人落ち、1人落ちとなり、7 km通過の辺りでナイスミドルのおじ様とランデブー(笑) 交互に引っ張りながら進行する。6 km過ぎから基本的には抜く一方の展開だったので、時々他の人の後ろに付いて休むことがあるも、基本的には4'05前後のペースをキープ。

9 km辺りから遠くに水門が見えてきて、やっと折り返しか…と思っていると、トップランナーとスライド開始! 確認出来ただけでもサイラス・ジュイ選手(同学年で、高校の時からの憧れの選手の一人です)や松本翔さん、川内鮮輝選手などなど。ハーフでのスライドはフルとはまた違うスピード感ですね。。。

水門への坂を登りきった辺りで猫ひろしさんともスライド。あの背丈でこのペースは凄いの一言です…。

坂を登って少々走った辺りで10 km通過。手元のオートラップでは41'17でしたが、コースの標識で確認したタイムは41'08。元旦マラソンのタイムと30秒しか変わらんやんけ!と自分自身でツッコミをいれつつ。予定ラップよりだいぶ早く進行しているせいか、脚や心肺の消耗は想定より来ている感じ。

ここの水門のところが最も風が強く、ヘロヘロになりながら中間点へ歩を進める…。というところで今日はここまで。明日はゴールまで行きます!!