武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。目指すはグランドスラム! (残り:サブスリー、富士登山競走完走)

MENU

走りの感覚の良し悪し

予定通り日曜日のレースに向けて心肺に負荷を掛けるべく、今日はガチゆる走。

ここ最近は3'40で2本揃えられていないのでアレですが、足首の状態もあるので出来る範囲でのベストを尽くす形で。

<練習内容>

ガチゆる走15 km, 1:12'48 (疾走部:3'35, 3'43), Ave. 4'51

f:id:beer_beer:20180228111741p:plain

f:id:beer_beer:20180228111755p:plain

今朝はかなり暖かい感じでしたが、ロンT&ロンタイ+ウインドブレーカーの上と手袋で出走。

0℃付近の気温とは違って、5℃近くまであるとだいぶ体の動き出しがスムーズになりますね(*´∀`) また滝汗との戦いになるのはげんなりしますが(;´∀`)

例によって2 kmアップjogしてから3 km目を疾走。青梅の前の刺激入れの時もそうでしたが、この1 kmの走りの感覚は非常に良かったです。体感的には3'45切るくらいかな?と思っていましたが、実際には3'35で走れていてガーミンを二度見してしまいました(笑)

1 km jogで繋いでから5 km目に再び疾走。流石に1本目に出し過ぎてスピードに乗り切れませんでしたが、最低限まとめて3'43。今日も2本きっちりとはいきませんでしたが、平均では何とか…という感じで勘弁しておきましょう(;´Д`)

残りの10 kmはEペース下限くらいの5分前後でゆるゆると。さっきの良い感覚をトレースする感じで走っているとあっという間でした。

 

良い感覚、悪い感覚っていうのを言語化するのは難しいんですが、

・余裕を持った動きが出来ていること

・動きをしっかりコントロールできていること

上記2つが良い感覚だと感じる時に出来ていることかなーと思います。

走力の向上にフィジカル面の強化は欠かせませんが、同じくらい技術面の向上も必要だと思っています(ランニングエコノミーってやつですね)。

常に良い感覚で走れるわけじゃないし、悪い時にもまとめる能力は必要だと思いますが、出来れば良い感覚・良いフォームをしっかり身につけて行きたいですね。