武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。目指すはグランドスラム! (残り:サブスリー、富士登山競走完走)

MENU

古河と名古屋に届け、この想い!という意気込みで40 km jog

今日はタイトルが全てです(笑)

本来なら静岡 or はなももをシーズン最終戦にする予定だったのもあり、また静岡での皆さんも力走レポを読んでいて居ても立っても居られないこの気持ち…。

そして、今日は諸事情でお休みを取っているので、これは距離を踏むしかない!!ということで、40 km行ってきました。

 

<練習内容>

jog 40 km, 3:22'42, Ave. 5'04

f:id:beer_beer:20180306151031p:plain

f:id:beer_beer:20180306151112p:plain

f:id:beer_beer:20180306151122p:plain

6時起床/7時出走。朝食はいつものミューズリー+ヨーグルトにトースト1枚withメープルバター。

風がえらく強かったので、装備は長袖のコンプレッションシャツの上にTシャツ+6分丈のパンツ。走っている大半の時間は凍えていたので、ちょっと失敗でしたね…(;´Д`)

シューズはいつものjog用のウエーブソニックで。

補給はヴァームゼリーを手に持って10 kmごとに1口づつ。ちょっと水分不足感はありましたが、エネルギーは十分でした。脂肪を上手く燃やせたかな(笑)

 

一応ウルトラ仕様の練習ってことで、ペースは5'20前後を想定しつつスタート。多摩湖まで行くか小金井公園をぐるぐるするか迷いましたが、多摩湖自転車道に入った時点で強烈な向かい風に逢ったのもあり、いつも通り小金井公園をぐるぐるすることに。

序盤は日が出ていないのと強風でとにかく寒い…(-_-;) ゆるゆると設定ペースで走りたいのはやまやまでしたが、そんな緩いペースじゃ体が温まらん!!と体が勝手に判断したようで、結局いつものEペース付近で落ち着く。

一昨日のレースの疲れも若干残っているとは言え、この辺のペース帯は動きも呼吸的ににも楽なのは間違いなく、そのまま寒さに凍えながらの進行。

あっ、小金井公園の梅林は丁度見ごろでしたよー。

 

中盤以降は多少体は温まってきたものの、相変わらず強い風に立ち向かう展開。ただ、序盤より明らかに動きの良化を感じる一方で、一昨日から持ち越している疲労が背中→腰へと徐々に駆け下りてきているのが手に取るように分かる。

気分的にも少しお日様が雲の隙間から顔を出したりして、普段通り揚々と走れる時間帯が比較的多かったですねー。

 

終盤以降は流石に疲れが見え始める。30 kmまではそれなりに余裕がありましたが、それを超えた途端に重くなる脚(元々物理的に重いんですが(;'∀')))。レースでもこんなに脚って重くなるかなー?

それでもリズム良く走りは刻めていたのと、40 kmまでならレースでも走っている範疇なので極端なペースダウンは起きず。最後まで淡々と走り切って、結果3時間22分42秒(平均5'04)の旅でした。何だかんだできっちりEペースで走り切ってしまい、流石に疲れた…。

 

練習での超ロング走という意味では昨年の5時間走以来でしたが、比較的良く走れたと思います。ただ、月末に予定している5 or 6時間走ではもう少ししっかりペースを落として走りたいですね(;'∀')

来月末のチャレ富士ではこれ+31 km、3か月後の柴又ではこの2.5倍。本当に走れるのか不安になりますね(笑) 走り切れるように準備して行くしかないんですがねー。

 

ということで、今週末の名古屋ウィメンズと古河はなももがシーズン最終戦という方が多いと思います。各々レースの位置づけは違うと思いますが、皆さんがベストを尽くして、そして願わくば良い結果を手にしてシーズンを終えられることをお祈りしています!!