武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。いつの間にやらサブ3:15ランナーに。

MENU

柴又後の練習復帰と100 kmのダメージ(; ・`д・´)

柴又での激闘からおおよそ1週間。この間はほぼ運動せず、日常生活を満喫してました(レポを書く時間に充てていたという話もある)。

とは言いつつも、表面上の筋肉痛も取れてぼちぼち練習に復帰したいところ。

そんなこんなで昨日は5日のランオフを経て不整地jog12 km。

<練習内容>

不整地jog 12 km, 66'08, Ave. 5'31

f:id:beer_beer:20180610201852p:plain

朝8時ごろの出走でしたが、既に気温は30℃近く。

先週はこんな気温と日差しの下で100 km走ったのか…と思うと、とても正気だとは思えない(;´Д`)

表面上の筋肉痛は取れたものの、まだまだ両脚のハムストリングスには張りが残っている状態。無理せず走れそうな速度でポクポクと走りました。

ペースの割に心拍が異様に高いのは気温のせいですね…12 kmでTシャツが完全にびっしょり濡れる勢いでした。

走り終わりの脚の調子はまあまあ。翌日はもう少し良くなるだろうと踏みましたが…。

 

そして今日は打って変わっての雨模様。

幸い朝の雨の降りだす前に出走して、降り始めに帰ってくることが出来ました。

<練習内容>

不整地jog 12 km, 64'34, Ave. 5'23

f:id:beer_beer:20180610201945p:plain

朝起きた時点でハムに昨日よりも強い張り。久々に走ったことで、芯の疲労が外に出てきたのかな?と思いつつ7時半ごろに出走。

昨日と違って涼しい風が吹きつける天候だったお陰で、ラン自体は快適。

ただ、終始ハムの張りが解消されず、これが100 kmのダメージか…(; ・`д・´)と一人走りながら納得していました。

涼しかったのでもう少し走れましたが、ここで無理することもないと思って腹八分目の12 kmで終了。

 

帰宅後にシャワーを浴びて家事をしていると、右脚外側のハムに少々違和感。

感覚としては軽い肉離れに近いような?でも痛みは無し。一先ずいつも通りのアイシングで様子見することにしました。

通常営業に戻して行こうと思った矢先にこれだと、先が思いやられます。。。

とは言え、これまで走った最長距離が71 kmだった身からすれば、100 kmのダメージは1週間程度で回復するものじゃないってことなんでしょうね。

今週もスピード練は控えて、jogで粛々とコンディション調整することにします。

 

100 kmでの目標達成は果たしたので、次は富士登山競走だ!と意気込んでいましたが、焦らずじっくり態勢を整えたいと思います。

広告を非表示にする