武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。いつの間にやらサブ3:15ランナーに。

MENU

【レースレポ】北海道マラソン2018(その①:まずは雑感から)

無事先程帰宅。北海道最終日は食い倒れでした。

まあ、レース翌日くらいは良いでしょう(;'∀')

 

さてレポ本編の前に雑感から。まずレースのタイム推移。

f:id:beer_beer:20180827204031p:plain

5 kmまではトイレでのタイムロスを1分20秒程度含む(;´Д`)。

25 kmから30 kmまでの流れだと轟沈しそうなパターンでしたが、ひたすら我慢の耐えるレース。

そこから何故か?息を吹き返しての走り。最後の2.195 kmを10分切ったのは初めてじゃないかな…(笑)

 

個人的にはこの3年間の中で最もキツい気象コンディションでした。

気温はそれなりで日差しは(序盤以外)ありませんでしたが、湿度が高く中々体の熱が逃げない条件。

例年の道マラはカラっとしていることが多く、暑くても水を被ればちゃんと体が冷えるんですが、今回は中々そうは行きませんでした(;´Д`)

 

とにかく今回は練習でロング走が出来なかった故の距離不安があり、まず15 km→ハーフまでは何とか…→25 kmはまだか!!→30 kmまで行けるのか…?って感じでした。やっぱり練習は正直だし、嘘をつかないですね(;'∀')

逆を言うと、最後にこれだけ上げられる余力があったんだから、本来はもう少ししっかりレースメイクできたはずという思いも有り、そういう意味でも練習でのロング走はある程度必要ですね。

 

とは言いつつも、練習で4'50の10 kmで息も絶え絶えだった状態を考えれば、これだけ走れるだけの地力はあると確認できたのは悪くない結果でした。

あとは自信をもってレースを作るだけの練習と、ベースのペースを上げる練習ですね。

アクアラインまでそこまで時間はありませんが、今回ほど練習出来ないってこともないと思うので、しっかり備えて行きたいと思います。

 

ということで、レポ本編は明日から!(仕事がちゃんと終わればですが…)