武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。いつの間にやらサブ3:15ランナーに。

MENU

心肺機能を高める正解はあるのか?

今朝は案の定脚の張り(;´Д`) 走れないことは無かったけど、無理せずランオフ。

流石に変なところで無理して、今後を棒に振る訳には…。

今日もスピンバイクでタバタをやって、朝から息も絶え絶えになってました。

 

さて、表題の話。

元々喘息持ちって言うのもあって、心肺能力には不安があるタイプ&練習してても心肺が割と簡単に落ちるので、どうすれば心肺機能を維持できるのか?

 

・VO2MaxとVDOTの関係性

似たようで異なるVO2Max(最大酸素摂取量)とVDOT。

VO2Maxの方は12分間走で走った距離で求めることが出来ますし、VDOTは5000 m~フルマラソンまでのタイムで算出可能。

2者間は関係があり、平たく言うとVO2Maxにその他のランニングに関係する要素を加えたものがVDOTになります。

ランニングに関係する要素っていうのは、みんな大好きランニングエコノミーや筋持久力だったりします(確か)。

 

で、VO2Maxを上げる方法はダニエルズさんも実は言及していて、

 

・インターバル走をすること

 

(;´Д`)

とのことです。IペースがVDOTの向上に一番寄与するって仰ってますし…。

 

ただ、私みたいに宗教上の理由でインターバル走をやらない(やりたくない)人間はどうしたら良いんじゃ!と考えると、それに類する練習をするしかないのかなーと。

ここで、タバタが出てきます。

 

・タバタトレーニングによるVO2Maxの向上

この辺はマラソンブログよりも、ロードレーサーのブログの方が詳しい(笑)

つまりタバタでしっかり心肺機能向上=VO2Maxの上昇が狙えるってことです。

この辺は参考にしたブログを以下羅列しますので、興味があればご参照下さい。

タバタ式トレーニングの効用・方法、そして効率的にするための機材 | ロードバイク乗りのひきこもり日記

mabu578816.blog14.fc2.com

recreation.pintoru.com

ということで、無理せずチャリを漕ぎたいと思います。投資した分見返りがあると良いなー(笑)