武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。いつの間にやらサブ3:15ランナーに。

MENU

【レースレポ】第5回はが路ふれあいマラソン(その③:21 km~ゴール)【ターゲットは4'15!】

昨日の飲み会は1次会のみで退散。しかしワインを大量摂取したのでダメージ大(;´Д`)

今朝は時間通りに起きたものの、運動する気力は無し。補強だけやっておきました。

 

今日のレポはゴールまで。

 

レースレポ:第5回はが路ふれあいマラソン

・21 km~25 km(4'34-4'55-4'19-4'21-4'24)

20 kmを過ぎると道の駅もてぎの大エイド。色々置いてあるんだけど、全部を見て回る時間は無し(;´Д`)

ここでも苺を2つ頂く。給水もしながらなのでバタバタしていたけど、ジェルの補給は済ませていたので昨年よりは余裕がありましたね。

 

ここからがレースのポイントの1 kmほどの登り坂。

登り始めでちょうど中間点を通過し、タイムは1:38'10。去年は確かサブ3:15ペースに30秒ビハインドの通過だった覚えがあるな…ということで、昨年より若干遅い通過。

22 kmで登り坂が終わるまでは淡々と駆け上がる。この辺は唯一若干集団走気味でしたね。流石にこの1 kmは少し時間が掛かってしまいました(;´∀`)

 

そしていよいよ迎えた下り基調の道のり。

ハーフの通過が1時間38分ってことを考えると、理論上は後半ハーフ91分に近いタイムで走れれば、3時間10分を切れる!

2か月後の姫路では4'15で42.195 km走り切ることを合わせて考えると、無難に4'25前後で走ろうなんて考えは無くて、4'15に近いラップまで上げるぞ!!と決意。

 

あまり考え無しに一気にペースアップすると、前を走るランナーをガンガン交わしていくことが出来て気分が良い(笑)

暫く走っていると、丁度いい感じの速度で走るランナーが目の前いたので後ろに付いてみると4'20前後の良いペース。

24 kmでメダリストを補給して、並走していると25 kmの通過。

 

・26 km~30 km(4'15-4'19-4'16-4'17-4'22)

一緒に走っているとじわじわペースが上がって行く。

ここまでそれなりの距離を走ってきているけど、4'20を切るようなスピードまで上げてもフォームや動きには無理のない感じ。

前半戦はenjoyしながら走っていた楽しさがあったけど、後半はきっちりスピードを上げて勝負する楽しみがありましたね。

 

26 km過ぎに並走していたランナーのペースが落ちた感じだったので、交わして単独走に。

うん、呼吸も動きも問題ない。行けるところまで行こう!!

 

27 km過ぎの梨ゼリーを今年も頂く。ご婦人方が手に持って渡そうとしていたので、取りに行こうと寄って行くと皆さん嬉しそうに手を出して焦る(;´∀`)

1つだけ頂きましたが、今年も美味しい! ゼリーだと飲み込みやすいのもgood!

 

本当にこの日は1 km1 kmが経つのが早くて、もう30 km手前なの!?って感じでした。

苦しくなってくると、ゴールまであと○○ kmだから早く終わってくれー!とどのレースでも思うんですが、今日この日はあと○○ kmで終わってしまうのか…と名残惜しい気持ちで走っていました。

まだまだ走っていたい…という心境に達したのは初めてかもしれません。

 

そんなこんなで30 kmを通過、累積時間は2:17'29。この10 kmは44'04

残りは12.195 km!!

 

・31 km~35 km(4'21-4'14-4'22-4'23-4'28)

30 kmを通過して、ちょこっとした上り坂もあっさりクリア。でも、流石に少し疲れてくる感覚は有り(;´∀`)

動き自体はまだまだ勢いをキープしていて、疲れの影響は大きく無さそう。

 

1週前のポイント練習では4'28で20 km走れていたので、最低そのくらいは頑張りたいな…とか思いながら。

 

先行するランナーもこの辺まで来ると、だいぶ疲れている様子の方が多い。

私もつくばの時はボロボロだったんだよなー。と思いつつ、脚の不安を抱えながら中2週でこれだけの走りが出来ていることが本当に嬉しかったです。

幸いここまでは脚の不調は一切なし! 何も気にならないって初めてかもしれません。

 

この辺は餃子やお汁粉の私設エイドがあった気がしますが、流石にお腹一杯(;´∀`)

32 kmで最後にショッツを摂って補給は終了。

 

32 kmを過ぎて残り10 kmを過ぎると、徐々に脚が重たくなる感覚。

ペース自体は維持できている感じはあるものの、脚の耐久度が底を尽きかけている様子。

とは言いつつも、最早取れる戦略は出来る限りのペースを維持して走ることだけ!

 

・36 km~40 km(4'34-4'32-4'32-4'39-4'50)

明らかに疲れた感じ(;´Д`) 最後まで脚が保たなかったかー…。

でも失速している感じはあっても、ズルズルペースが落ちてしまうのではなく、ギリギリのところで踏みとどまっている印象。

実際4'30ちょっとでは粘れていたので、感覚ほどペースは落ちてなかったですね。

 

36 km過ぎで昨年と同じく女子のトップ選手を捉える。

去年は38 kmのそばの私設エイド辺りで捉えた記憶があったので、それに比べると成長してますね(;´∀`)

私も疲れてはいるものの、それでも脚色は前を走るランナーより明らかに良い。

1人1人拾っていくつもりで気持ちを奮い立たせながら進む。

 

そして迎えた39 kmからのトドメの登り。今年もここまで来てしまったかー。

余力は既に無いものの、気合で体を動かして登っていく。

道なりに登っていって、左に曲がってから1段目の坂をクリア!

ちょっと下ったところで40 kmの通過!! 経過時間は3:02'25。この10 kmは44'56

 

あれ?もしかしてPB更新できちゃう!?って気づいたのはこの辺でした(;´∀`)

 

・40 km~ゴール(4'37-4'24-53)

ラスト2.195 kmを10分で走ればPB更新できる!と確信したので、最後の力を振り絞る。

とは言いつつも、目の前には2段目の最後の登り坂。

こんなコースにしたのは誰だよー!!!と思いながら、力の限り駆け上がる。

 

2段目の坂もやっつけて、ここまで来れば後はウイニングラン!

あとは必死に出せる限りのスピードを出すだけ!

 

そんな感じで風前の灯火の体力でラストスパートに入っていたんですが、歩道から"頑張って下さ~い"と応援しながら走る男性が目に入る。

あれ?もしかしてitottoさん? これは序盤で声を掛けそびれた借りを返すチャンス!

確信を持って"itottoさ~ん!"と手を振りながら呼びかけると、私のことを認識して下すって"びあーさん! 頑張って下さい!!"と最後の最後で一番力になる応援を頂けました(∩´∀`)∩

いやー、本当に嬉しかった。

 

井頭公園手前のJAの直売所の応援にも両手を振って応え(笑)、思ったより長いフィニッシュゲートまでの距離をひた走る。

丸1年掛かったけど、やっと自分の走りを取り戻したんだ!!

グロス:3時間12分29秒 ネット:3時間12分19秒

 

完走後にちょびさんに撮ってもらった一枚(笑)

f:id:beer_beer:20181219165147j:plain