武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。目指すはグランドスラム! (残り:サブスリー、富士登山競走完走)

MENU

【レースレポ】第54回青梅マラソン【1話完結】

レース翌日の脚の感じはもも周りの疲労感のみ。筋肉痛も無し。

レース中に気になった右の足底や長腓骨筋も痛みなし。

終始追い込まない走りを意識していたので、しっかりダメージコントロール出来たようです。

 

さて、今回も一話完結で。

・レース前

お家を出る時には既に雨(;´∀`) 

走っている最中の降雨は良いけど、待っている間が嫌だなぁ…と思いつつ河辺へ。

ゼッケンを貰ってから、いつものクリーニング屋さんで雑談しながらいそいそと準備。

整列時間ギリギリまで待っていると、雨が上がる! これには皆歓喜(∩´∀`)∩

 

装備は結局、頭:Buff、上半身:インナー+はてブロノースリ&アームカバー、下半身:ランショーツ、シューズ:ZF3で、足と膝にテーピングでした。

補給食はアミノバイタルゼリー1個(15 kmで半分、22 kmでもう半分)。来週のレースシミュも兼ねているので、色々試しました。

 

まなパパさんと同じブロックだったので、雑談しながらスタート時刻まで待機。

恐ろしいペースで巡航する話を聞きつつ、あっという間に号砲!

 

・前半戦 (22'19-21'41-21'35)

スタートロスは1分弱(51秒)。

折返しまではだらだら4'30ペースで登るつもりだったので、例年程は焦らずに渋滞をさばく。スタート直後にじーこさんにご挨拶させて頂く(ロング走続きなのにしっかりまとめていて凄い!)

雨上がりで湿度が高いせいか発汗が少々気になるも、汗の量ほど体は温まってこない感じ。

5 kmまでは特筆すべきこと無し(笑) フォームと呼吸に気を払って淡々と。

巡航ペースは予定通りのAve. 4'28。

 

5 kmを過ぎて体が温まってきたのか、自然とペースが上がる傾向に。

細かいアップダウンもあるので、1 kmごとのラップはあまり気にせず体感で余力あるペースで走る意識。

ここの5 kmもあっという間でした。巡航ペースは少々上がってAve. 4'20。

 

10 km過ぎると傾斜のキツい局面が幾つか。御岳の駅前とその先の土蔵があるところが少々難所。とは言いつつも、体感ペースは変えずに淡々と登る。

12 km辺りで視界の前方にまっさんを捉える。明らかに腰が落ちててペースが上がってない感じだったので、パスする時に"腰が落ちてますよ!"と声がけしながら。

やっぱり走り過ぎで疲労が抜けてなかったんじゃないですかね?

 

トップ選手とのスライドも始まっていて、近距離で走りが見れるのは青梅マラソンの醍醐味。

前田穂南選手は細い! そしてフォームが本当に美しい!! 無駄のない動きってああいう感じだよなぁ…とか考えつつ。

知り合いとのスライドも始まり、みずさん、まなパパさん、ちみのすけさんは折り返し前に声がけ! 皆むっちゃ早い!!

そして私も気がついたらあっという間の折返し。直後にまっさんとスライドして、15 kmの計測(Ave. 4'19)。

 

・後半戦 (21'12-21'37-21'13)

15 kmの計測マットを踏んでからアミノバイタルゼリーを半分摂取。ここまでであまりエネルギーを使った感じや空腹感は無し。

その後のスライドではkeiさん、トマスさんを発見して声がけ出来ました!

トマスさんは延々と渋滞に巻き込まれて災難でしたね…(;´∀`)

 

下り基調に変わるので、同じ体感ペースでも実測ペースは上がる。

一応4'15で10 kmは走る予定だったので、ここまでの巡航ペースが予定よりも早めではありつつも少し目標を意識する。

少し右足の長腓骨筋が気になり始めるも、走り自体には影響ない感じ。ただ、下りで脚に負荷がかかる状態になるので丁寧に下る。

20 kmまでも体の動きに身を任せて走って、この5 kmの巡航ペースがAve. 4'14。とりあえず目標の半分は達した(*´ڡ`●)

 

21 kmからが難所の二俣尾の上り坂。過去2回の青梅マラソンではこてんぱんにやられている(;´∀`)

今回はここをレースの最重要ポイントと個人的にしていました。

なぜならば、いわきもハーフ辺りで急峻な登りがあるためです。

冒頭でレースシミュも兼ねていると書きましたが、ここを余力を持って登り切れなければ、いわきでも跳ね返されるだろうという思いで。

やっぱりここの登りはキツかったですが、過去2年に比べれば余力が違う! 4'27でまとめて何とか駆け上がる。あとは25 kmの坂さえクリアできれば難所は無し!

ただ、流石に息も上がって急に余力が無くなり始める(;´∀`) 走り自体はコントロール出来ていたけどね。。。

最後の5 kmに向けて息を整えつつ、この区間のペースはAve.4'19。難所混じりの割にはしっかり走れたと思う。

 

ここまでで25 km。今季のレース&練習ではここから先はほぼ未踏距離。

右脚の接地も良くないのか、足底も少し痛み始める(;´∀`)

ただ、今回は出し切るレースじゃなくて最後まで余力を持って走り切るイメージだったので、きっちりペース維持出来ればOK。

 

流石に少し疲れてくるも、フォームの乱れは無し。しっかり自分自身の動きは制御出来ている。

30 kmを走り終えてもあと12 kmを走れるような意識で。

あまりレース全体のタイムは気にしていなかったけど、ラスト1 kmの時点で目をやると、2時間と5分半くらい。

流石にここからキロ5かかることは無いけど、最後の1 kmは少しスピードに乗るイメージ。

例年この辺りは息も絶え絶えで走っているだけに、ここまで周りの景色が見えている状態で走れるのは本当に嬉しい!!

とは言え、あからさまなスパートはせずにしっかりフィニッシュラインまで!

グロス:2:10'28 ネット:2:09'37

 

最後の5 kmの巡航ペースがAve. 4'15で当初の目標であった、

・PB(2:10'58)の更新→2:09'37で達成!!

・後半15 kmの内10 kmで4'15巡航→きっちり2区間で達成!!

・最後まで余力を持って走り切る→オールアウトにはならずOK!

ということで、好気象コンディションにも恵まれ想定通り100点満点のレースでした。

 

ゴール後の打ち上げの様子はMacさんのブログで。

macrun.hatenablog.com

今シーズンエントリーしていたレースの内、

水戸・つくば=DNS

はが路=練習不足で30 km以降歩きを交えてほうほうの体でゴール

ハイテクハーフ=体調不良&中間点から差し込みで凡走

と、今レースが初めてまともに走り切れたレースでした(;´∀`) 嬉しい。

本命のレース1週前でやっとこさという感じもありますが、尻上がりで迎えられるのは悪くはないと思う。

 

今週はがっつり疲労抜きに注力。走るのは1回か2回。

水曜日に閾値で3 kmやって、あとは200m WSを含むjogでOKかな。

今回のレース中も前日にZF3を履いて200 mWS+jogをやっていたお陰で、しっかり動きのイメージを作れていたのは大きかった。最後までその延長線上で走れたからね。

あとは今週日曜日のスタートラインにしっかり立てるように整えていきます。