武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。いつの間にやらサブ3:15ランナーに。

MENU

モチベーションという名の炎

だいぶ乗り遅れた感はありますが、少し書いておきたいこともあり。

ふと考えるキッカケになったのはちみのすけさんのこの記事。

chiminosuke.hatenablog.com確かに青梅でご一緒した時も、以前のような良い意味でのギラギラ感は無かったかもなーとか思いましたが…。

 

・モチベーションは燃やし続けなければならないのか?

趣味だけじゃなく仕事でもぶち当たりそうな話ですね(;´∀`)

目標が達成される→それに伴ってモチベーション低下→やらなくなる。という流れ。大なり小なり皆さん体験したことがあると思います。

この流れからすると、続けるためには目標が達成されようがモチベーションを燃やし続ける必要があるように見えます。でも、それって本当?

 

個人的には、半分は正しくて半分は誤りがあると思っています。

目標を達成するためにモチベーションが必要:多くの場合正解

物事を続けるためにモチベーションが必要:こちらは誤り(であることが多い)。

前者はある意味当たり前というか、感覚的にも理解できると思います。では、後者との違いは何なのか?

 

・物事を続ける≠モチベーションを持ち続ける

ここはランニングに関するブログではありますが、皆さんそれ以外にも長く続けている趣味をお持ちだと思います。私なら手芸や旅行、美術鑑賞が該当します。

でも、それって別にモチベーション高く臨んでいる訳じゃないです。でも長く続いている。不思議だと思いませんか?

例えば手芸でも大きな作品を作るとか、旅でも○○を制覇するとかならば、それを達成するためのモチベーションは必要だと思います。その一方で、物事を続けること自体はほぼ自然にやっていて、モチベーションとは関係ないことがお分かり頂けると思います。

じゃあ、どうやってモチベーションを燃やせば良いのか?

 

・目標を持つこと

月並みですが、これに尽きるんじゃ無いかと思います。

ある人はタイムだろうし、ある人は距離だろうし、ある人は新しいレースかもしれません。そう考えると、ランニング一つ取っても数え切れないくらいの切り口があって、全部を制覇するのはとっても難しいように思えます。

故に生涯スポーツとして成立するのかなーと思ったりもします。他のスポーツも全て当てはまりそうですけどね(笑)

 

私のモチベーションは"自由気ままに飲み食いするために走る!!"です! 目指せLifelong Runner!!

広告を非表示にする