武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。いつの間にやらサブ3:15ランナーに。

MENU

【レースレポ】第5回はが路ふれあいマラソン(その②:スタート~20 km)【やはり楽しい前半戦】

今朝はゆるゆると疲労抜きjog。

ダメージは殆ど無い状態ですが、腿周りは多少疲労感が残っている感じ。

走り終わった後に補強のスタティックランジをしてみるとより顕著(;´∀`)

ただ、レース後に感じた内転筋の違和感は今日は出なかったので一安心。

 

今夜は飲み会なので、明日は休足かスピンバイクが良いところかな(;´Д`)

 

レースレポ:第5回はが路ふれあいマラソン

・スタート~5 km(4'53-4'41-4'44-4'45-4'44)

9時33分丁度に号砲! とにかく最初は抑えて、最初は抑えてと念じながら走り出す。

ロスタイムは丁度10秒。この時点では気にしてませんでしたけどね(;´∀`)

 

勢いよく飛び出していく人も多いけど、どうぞお先に~という気持ちで。

とにかく今日は自分のレースをしっかり遂行するのが目的。周りには流されない。

 

1 km目は遅すぎるくらいの入りで4'53。でもこの1 kmを抑えて入れたことで、この日のレースの大勢は決まったような感じでした。

2 km目は下り坂だったので4'41でしたが、それ以降は4'45付近できっちり揃えての巡航。

うん、このペースはjogだ(笑)

 

10 kmまではアップjog、10 kmまではアップjogと念じながら。念じてばかりだな(笑)

去年あった3 km付近の吹奏楽の応援が無くて残念だなーとか、今年もJAの前に応援は凄いな~とか、しっかり周りを見ながらリラックスして走れていました。

 

・6 km~10 km(4'40-4'41-4'45-4'41-4'41)

最初は晴れていた空も徐々に曇ってくる。それと共に体感気温も少々低下。

ただ、5 kmもjogしていると体は温まってきて、自然にペースが上昇。

あまり時計は見ずに走っていましたが、体感的には4'40もjogペース。こんなに楽で良いの!?と思いながら、この辺は走っていました(笑)

 

5 kmの給水所では1口アミノバリューを給水。気温が低いせいか取っている人は多くなかったですね。

でも、こういう気温の時こそ脱水に気づきづらいので程々にしっかりと。

 

6 km過ぎから"ひょっこりはん"コスのランナーと延々と並走。

前に出たり後ろに付いたりはしていたけど、ちゃんと声援に応えていたのは流石だと思いました(∩´∀`)∩

個人的にはちゃんと地毛であの髪型をしていたのが更に凄いと思ったり(;´∀`)

 

8 kmでピットインゼリーを半分補給。予想よりも粘度が高くてちょっとビックリしたけど、味は良かったです。CCDとは甲乙つけがたいな~。

 

9 kmから細かいアップダウンの開始。脚を使う程では無いけど…。

この辺から徐々に応援の人出も増え始めるのは去年の経験で分かっているので、気持ち的にも徐々に上がってくる。

沿道の人とハイタッチしつつ、応援には"ありがとうございます!"と手を挙げて応えながら。

あー、やっぱり楽しいわ。

 

10 km手前の踏切を超えると、第2給水所がそろそろ。

ここではitottoさんがボランティアをされているので、出来れば発見して声を掛けたい!と思っていました。

結果的は給水テーブルとテーブルの間で応援されているのを見つけた(おそらく目も合った(笑))んですが、声を掛けるには至らず(;´∀`)

この時は、再終盤にこの借りを返すチャンスが来るとは思いもしませんでしたが…。

 

でも、"頑張ってください!"という応援はしかと受け止めて、10 kmの通過。この10 kmのラップは47'15でした。

 

・11 km~15 km(4'38-4'36-4'39-4'37-4'39)

事前のレースプランでは最初の10 kmは4'45で入ると書きましたが、それ以降は体の声を聴きながら(笑)どうするか決めるという方針でした。

ここまで走った感覚だと4'40はただのjog。このペースで最後まで走り切るのは容易な感じ。

確か去年もこんな感じで走っていたな…と走りながら思い出して、何となく去年のラップを踏襲することに決めました。

 

11 kmから先は序盤の盛り上がるポイントの一つで、まずは貝の完走お守りの配布。

f:id:beer_beer:20181218161347p:plain

速報の記事の記録証の写真と一緒に載せましたが、今年も無事頂けました!

頂く時は"毎年ありがとうございます!"とお礼を言いながら。本当に力を貰えるんですよね~。

 

そして12 km付近の七井中央の交差点付近の応援が凄い!

去年もここは応援にテンションが上ってペースも上がった記憶がありましたが、今年も若干ペースが上がってますね(笑)

太鼓や山車、声援だけじゃなくてその地域のもてなしをしてくれるって本当に嬉しいです。

楽なペースで走っているので、ひたすら楽しいという感想しかない(笑)

どのレースもこのくらい楽しければいいんだけどなぁ…(´;ω;`)

 

ペース的にも4'40をわずかに切る巡航ペースへ。とにかくこの日は体の動きのバランスが良くて、自分でもビックリするぐらい体が動いていました。

調子の良いレースは距離が進むのがあっという間で、15 kmの給水所を通過!

 

・16 km~20 km(4'39-4'40-4'41-4'45-4'16)

15 kmを過ぎると前半の山場と思われている登り区間に突入。とは言いつつも、所詮緩めのダラダラした登りが続くだけ。

去年もそんなにキツいとは思わなかったし、ましてや今年は斜度10%を超えるようなコースで練習やレースもこなしていることを考えると、ただの平地です(真顔)

実際、周りのランナーは登りに入った途端に皆ペースが落ちていたけど、私の巡航ペースはほぼ変わらず。6 km過ぎから並走していたひょっこりはんともここでお別れ。

 

登りに関しては無理に腕でリズムを作るんじゃなく、肩から先はリラックスさせる意識で淡々と。坂は頑張って登るものじゃ無いです(笑)

 

16 km手前にお楽しみのJAによる果物のエイド。今年も当然お目当ては苺。

頂きます!を片手いっぱいに掴んだは良いけど、なんと5個も取ってしまった(;´∀`)

取りすぎた…とは思いましたが、置きに戻るわけにも行かず、もくもくともぐもぐしました。一粒一粒が大きくて美味なのは嬉しいんだけど、5個も走っている最中に食べるとお腹に貯まる感覚がありましたね(;´Д`)

よって残りのピットインゼリーの補給も17 km過ぎ辺りで。無理に摂る必要があったのか定かでは無いけど、身につける荷物は減らしたかったので。

 

この辺りにも大掛かりな私設エイドを出して下さっている方が複数グループいらして、本当に凄いな~と思います。人によってはキツく感じるコースだと思うので、元気づけられる要素があるのは重要ですね。

 

楽な登りでしたが、本当に注意しなきゃいけないのはラストの急峻な登り&下りだけ。

 

今年もいよいよ来たな…と心の準備を少ししてから、まず登りへ。

登りは斜度10%くらいの登りがまず300 m程度→一旦10 mくらい下ってから再び斜度10%の登りが150 mの二段構え。

事前に書いた攻略記事では2段構えになってることを書き忘れてたな…と思いながら走ってました(;´Д`)

でも、ここは距離が短いので一息で駆け上がれる登り。そこまで厳しくはないです。

 

問題は下り。斜度10%で500 m下るのでスピードの制御が困難。

今年も結局身を任せて駆け下りましたが、これも経験してないとビビりますね(;´∀`)

ちょっとシューズと足がズレる感覚がありましたが、致命的なダメージでは無く。

急坂を下ったところで丁度20 kmの通過。スタートからの経過時間は1:33'15。この10 kmのラップは46'15

まだまだ楽で楽しいjogペースだけど、あっという間の20 km。

僕の勝負は後半戦だ!!ってことで明日に続きます。

【レースレポ】第5回はが路ふれあいマラソン(その①:~スタート前)

速報記事に沢山のコメントありがとうございました!

シーズン3戦目にして、やっと納得行く走りが出来て安堵安堵(∩´∀`)∩

今回も順々に振り返って行こうと思います。

 

レースレポ:第5回はが路ふれあいマラソン

・レース当日朝~スタート前

去年と同じく4時ごろに起床。いつものロールケーキとキャンペーンで貰ったモルテンを朝食に。

5時前に家を出て、6時20分の東京駅発の新幹線に乗るべく。

新幹線の中でコンビニのおにぎりを2つ食べて、20分くらいうたた寝。あっという間に宇都宮に到着しました。

 

宇都宮駅からは昨年と同じくシャトルバスで会場の井頭公園まで。

去年に引き続きこの辺りの導線はスムーズで完璧ですね。

 

7時50分くらいに会場に着。

f:id:beer_beer:20181217141803p:plain

今回は写真を撮ってくれそうな人が居ないので、ちゃんと自分で撮影(笑)

時間があるので少し物販の方を物色してきました。

 

JAのブースでとちおとめとスカイベリーを買おうかどうか悩んだものの、1人暮らしでお土産を買ってもなぁ…と思って回避。でもスカイベリーが2パックで2000円は破格でしたね。

ここで試食の苺を一つ。大変おいしゅうございました…。

 

 

プールのロッカーに移動し着替えよう…と思ったら、既に結構な人で埋まっている(;´∀`)

風が無かったので、外に陣取っていそいそと準備。この時点では天気予報と異なる快晴。本当に曇るの?って感じでした。

f:id:beer_beer:20181217142013p:plain

8時半くらいにちょびさんから連絡があって、無事合流。気づいた時には目の前に居て驚きました(笑)

 

今日は風も無くて絶好の気候ですねー。とか雑談しながら動的ストレッチしたり、荷物の整理をしたりして、9時過ぎにゴールで会いましょう!とちょびさんと健闘を誓って荷物預けに。

f:id:beer_beer:20181217142033p:plain

その後トイレを済ませて、9時15分くらいにスタートブロックへ。

ブロック分けは自己申告なので、3時間~3時間30分の場所に。まあ、この人数なら焦らなくても全然大丈夫です。そういう部分もこの規模の大会ならではの良さですね。

 

去年はスタートを待つまでの間は寒風吹きすさんで冷え冷えしていましたが、この日はそんな感じでは無くてほぼ無風。

本当に絶好のコンディションじゃないか…と思いながら、体を動かしつつ9時33分の号砲を待つ。

 

レースプランは前日にも書いたとおり、とにかく入りの10 kmは抑えて。それ以降は体の声を聞きながらだけど、この気候なら結構楽に走れるかもな~という予感はありました。

そしていよいよ迎えた9時33分。長くて楽しい旅路のスタート!

【速報】はが路ふれあいマラソン完走しました!

f:id:beer_beer:20181216183953p:plain

無欲の勝利・・・とは実は言えないけど、壊れた時計じゃないことは証明できました。

1分弱でもPB更新はPB更新。今シーズンで初めて納得行く走りでした。

 

というか今日はご一緒したちょびさんの激走が凄まじかったです(;'∀')

今後に向けて大変良い刺激を貰えました!

ボランティアをされていたitottoさんにもギリギリでお声がけ出来て良かったです!

 

やはりはが路最高という感想しか今日は無いですね…(笑)

ちょびさんとの打ち上げでそれなりに飲んだので、詳細はまた明日以降。今日はさっさと寝ますー。

はが路ふれあいマラソンの戦略と目標

今朝は珍しくレース前日の調整jogをしておきました。

雨でスピンバイクを漕いでいた日があったので、その代わりって感じですね。

 

寒すぎて汗も殆どかかないような状況でしたが、体が温まる程度には走ってWSで動きの確認もしっかり出来ました。

調子は悪く無いけれども、つくばを終えてからちゃんとポイント練習できたのは2回だけなので、大きな上積みは望めない(;´Д`)

 

プラスになる部分があるとすれば、つくばほど気負ってないので自然体で走れること(笑)と、今朝の計量で64.3 kgまで減少した体重かなー。

昨日からカーボインしてますがそれでもこの体重なので、もしかしたら65 kg切って出走出来るかもしれませんね。

 

 

さて、一応レース前に色々考えてみる。

まずお天気ですが、

f:id:beer_beer:20181215100423p:plain

寒い。間違いなく寒い。

去年は北風でシンドイ思いをしたけど、それは無さそうな感じが救いかな?

寒さ対策は少し考えた方が良さそうです。サングラスも不要ですね。

 

それを踏まえての装備ですが、

f:id:beer_beer:20181215100713p:plain

流石にノースリーブでは凍えそうなので、はてブロTで行きます。

頭:Buff

胴:はてブロT・メッシュインナー

腕:アームカバー(起毛)

腰:ランショーツ

脚:ゲイター

足:Nishiスポーツソックス・ウエーブエンペラー2

 

どうもTabioの5本指ソックスとウエーブエンペラーの相性が良くない感じなので、練習で履いているソックスを実戦投入してみます。

先週の20 km走では不具合は無かったので、問題無いことを願っていますが…。

 

補給は8 km毎にザバスピットインゼリー(半分)×2、メダリスト、ショッツで。

CCDは売り切れていて買えなかったので、ピットインゼリーで代用。

エイドで色々食べるので補給は割と適当な感じで(笑)

 

 

今シーズンサブ3.5したのは道マラだけなので、まず道マラ越えを果たすのが明日の目標。

 

4'45で走り切れれば余裕で目標達成なので、最初の10 kmは4'45で入ります。

後はコンディション次第で少しだけあげるか、ペース維持するか考える感じで、あんまり明確なペース設定は持たずに走ろうと思っています。体の声を聴きながら(笑)

つくばの前半戦の感じなら4'35は無理のないペースだと思うので、下り基調の後半はその位まで上げられると良いな~という感じです。

練習出来ていないので高望みはしない方向で。

 

年内最後のレースなので、とにかくスッキリ走り切りたい!って言うのが第一ですね。

タイムがどうでも良いって訳じゃ無いですが、まずは復活の糸口が見えるような、そんなレースにしたいと思っています。

明日の速報は帰宅後になるので遅くなります。それでは。

【完全保存版】はが路ふれあいマラソンの難所攻略とお楽しみポイントはここだ!!【追記あり】

敢えて胡散臭い表題にしましたが、中身は真面目です(;´∀`)

 

さて、募集人数が2500人ということもあって情報が多くないはが路ふれあいマラソン

www.hagaji-marathon.jp

私は去年に引き続いて2年連続2回目の出走。

昨年のレポはこちらから。

beer-beer.hateblo.jp

 

無茶苦茶ランナーへのホスピタリティが高い大会なので、関東圏のランナーの皆さんには是非おススメしたいレースなのですが、時期柄難しい部分もあり。。。

それ以上にネックになっていそうなのが、下に示すコースの高低差。

http://www.hagaji-marathon.jp/2017/wp-content/uploads/2017/05/kouteizu.jpg

※公式HPより。

 

確かにこう見るとハードなコースに見えますし、平坦と言われるつくばや静岡に比べると確かにキツいのは事実。

ただ、走ってみると意外とそうでも無いのでレースのポイントになりそうな部分を書いておこうと言うのが今日の趣旨。

 

気になりそうなポイントと実際走った感想

・15 kmからの登り

f:id:beer_beer:20181214103813p:plain

約5 kmで50 mの登り。高低差図で見ると結構しんどく見えるけど、単純な割り算でもここの傾斜は1%程度なので、印象よりは全然走れます。

コース図にも書いてある19 kmからの急峻な登りは確かにキツいけど、距離が短いので十分耐えられるレベル。

 

むしろ気をつけなきゃいけないのは、登りきった先から500 mで50 m下る坂。

f:id:beer_beer:20181214103909p:plain

ここはマジで急なので、下手にブレーキを掛けるとダメージが来ます。

去年は突っ込んでブレーキを掛けずにガシガシ下ったのも良い思い出(;´∀`)

 

・中間点付近からの登り

f:id:beer_beer:20181214104013p:plain

むしろキツいのはこちら。中間点辺りからの1 kmで約30 m登ります。

前述の急なアップダウンを終え、20 km過ぎの大エイドを越えた直後にあるので息つく間も無いです(;´∀`)

延々と上り坂が見えているのも精神的な辛さを誘発する感じがあり、距離も微妙に長い登りなのもあって昨年も結構削られました。

ただ、ここさえパスしてしまえば基本的には下り基調!

 

・30 km手前のちょっとした登り

f:id:beer_beer:20181214104049p:plain

距離が短いので全然気にならない! むしろ下り基調で勢いがついているので、そんな登りあったっけ?っていう印象になる可能性が高いです。

 

・40 km付近の2段の登り

f:id:beer_beer:20181214104137p:plain

レースのクライマックスにして、最後の壁。

ここまで来た体にはまさに壁という形容詞がふさわしい登り坂。それぞれの登り幅は10 m程度とキツくないように見えるものの、

・1段目

一旦登って左折してからまた登りが続く心折設計。

・2段目

1段目が終わって短い登り&40 km通過の直後に200 mで10 mの登り。

なかなかバラエティに富んでいます(;´∀`)

ただ、ここさえクリアしてしまえば残りは1.5 kmのウイニングラン!!

 

レースのお楽しみポイント

私設エイドも含めて給食が充実!! 全てフォローしていたkorotaさんのブログがあったんですが、消えている…(´;ω;`)

個人的には16 kmと大エイドの苺は外せないかなー。(それ以降もところどころでエイドに出ています。太っ腹!!)

あとは、レース中盤にゼリーや終盤にはそばのエイドがあり、特色がしっかり出ています。

 

また、はが路と言えば11 kmで配って下さっている貝のお守り。

beer-beer.hateblo.jp

通勤バッグにしっかり付けています(∩´∀`)∩

小さな女の子が配っていて、また可愛いんだなー! これが!!

今年も出来ればgetする予定です!!

 

そして何よりも力になるのが、沿道の応援!

参加者が多くないために自分に向けられている声援が手に取るように分かって、本当に嬉しいんですよ~。

これも大規模なマラソン大会では中々味わえない感覚。はが路を走る大きな理由の一つです。

 

ということで、コースも言うほどキツくないし首都圏なら十分日帰り圏内、ポスピタリティも高い、はが路ふれあいマラソンについてつらつらと。

もっと素晴らしさを発信してくれる人が増えるといいなぁ…。

 

【追記】

思ったよりも反響があったので(笑)、もう少し書き加えてみます。

・荷物預けのコインロッカー代を支給してくれる!

通常の荷物預け(無料)の他に、コインロッカーを利用する場合はその料金も支給して貰えます!!

私は荷物が多めなので通常の手荷物預けを利用しましたが、小さい心遣いが素晴らしい(∩´∀`)∩

 

・スタート/ゴール地点の真横にある井頭温泉に割引で入れる!

私は入っていないのでアレなんですが、去年も小雪が舞う中のレースでレース後に直ぐ暖が取れるのは魅力!

今年は荷物預けのロッカーにあるシャワーも開放して下さるようで、本当に有り難い!(おそらく使わせて頂きます)

 

・JR宇都宮駅からの無料シャトルバス!

宇都宮駅から会場の井頭公園までは車で40分という距離ですが、なんと無料のシャトルバスで送迎して貰えます! しかも無料!!

朝はどんどんバスが来るので、待ち時間は殆無く快適でした。

遠方からのランナーにも手厚い対応素晴らしい(∩´∀`)∩

 

心の限り追記しておきました! あとはレースを楽しむぞ!!