武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。目指すはグランドスラム! (残り:サブスリー)

MENU

【レースレポ】第75回富士登山競走【後半戦~レース後】

レースレポ完結編。総括も含めて書きます。

 

【5合目~8合目】

5合目の計測マットを越えた給水所でメダリストと朝会場で貰ったアミノバイタルを補給。

結局ジェルはこの一つしか使わなかったけど、8合目以降に空腹感があったのでもう一つ使っても良かったかも。

給水所から少し登った星観荘前からヘルメット着用。貸出のヘルメットも使いやすそうだったので、来年以降走る人は借りた方が良いと思います。

 

この時点で完走まで使える時間は2時間25分程。試走では2時間切って山頂まで登れているし、2時間10分くらいで行けるんじゃないか…と、この時点では思っていました(大甘も大甘)。

 

星観荘から先は走れる区間なのですが、シングルトラック気味になっていてどうもペースが上がらない。無理せずついて行けば良いか…と思ってダラダラと歩きで登ってしまって、5合目までのテンポを崩してしまったのが反省点。

結局6合目まではほぼ歩き通しで、ここでだいぶタイムを失ってしまった印象。

あと5合目以降少し気分が悪く、ペースアップも積極的に出来ない状況でした。これは恐らく少々脱水気味だったせい。5合目から6合目辺りはまだ日差しも強かったし。

6合目の給水所で塩熱サプリを摂って、給水と頭から水を被ったら少しづつ体調は復活。

 

6合目から7合目の砂礫の道は踏みやすいところを選びながら。

流石に試走程のペースでは登れないものの、周囲の集団の流れには遅れないように必死に脚を動かして。

やはり5合目まで駆け上がってきた体はかなりの酸素負債を抱えていて、思った以上に脚の出力が落ちている印象でした。

自分ではパワーウォークのつもりでも、実際にはただのウォークになっている感じ(下山時に皆も共感していました(笑))。

この辺りから少しずつ雲が出始めて日が陰る時間帯とそうでない時間帯が交互にくる感じ。

 

7合目以降の岩場も試走の時ほどスムーズには登れず。

基本的にはガシガシ登ってはいるものの、先行するランナーをどうしてもパス出来ない地形の部分もあるため、その都度休み休みになる感じ。

ただ、岩場パートは得意な部分なので、それまでの交わされたランナーに幾らか追い付いてカバーできたパートでもありました。やはり手袋で滑る心配なく岩を掴めるのは心理的に重要。

この辺りから明らかにペースが落ちて厳しそうなランナーの数が多くなった印象。

 

そんなこんなで8合目最初の給水所まで辿り着いたものの、関門となる富士山ホテルはまだまだ先。

自分が完走ペースで進めているのかが分からないものの、雰囲気的にまだ時間に余裕がある印象ではありました。万全のために、試走時にちゃんと時間のチェックをしておくべきでした。

 

ここから先は再度砂礫パート。ここの砂礫パートは前日の雨のお陰か締まっていて、歩きやすくて非常に助かりました。ここも乾燥していたら完走率はもっと落ちていたでしょうね…。

周囲も完全にガスってきて、時折強い風が吹くと肌寒く感じる気温に。私は寒ければ寒い方がコンディションが上がるので、この辺から少し体調は持ち直してきました。

そして歩を進めて行くと、ようやく8合目の関門。マットを踏んだ時点で3時間49分くらい。結局この区間は1時間45分掛かってしまって大苦戦。

想定よりはだいぶ時間が掛かってしまったものの、ここから山頂までおおよそ30分という目安があるので、大きくブレーキしなければ完走に手が届く!と気持ち的にも少し持ち直すことができました。

 

【8合目~ゴール】

 

後述する諸事情で何としても今回山頂コース完走せねばならないので、改めて気持ちを入れ直しての最後の約30分間。

とは言え、体力の残量的にも割と厳しく脚も殆ど残っていない状況なので、周囲の流れに遅れないように必死についていく。最早前を見る余裕などなく、俯きながら先行するランナーの脚だけ見て進む状況。

そうやって進んでいると、9合目辺りでふと肩を叩かれる。何ごと?と思って横を向くと、厳しそうな表情のRyo君がそこに

遥か前を進んでいると思っていたので少し驚きましたが、前半ぶっこみ過ぎて大変な目に合った(要約)とのことで、「完走出来ますかね?」と尋ねられましたが、このペースなら大丈夫と。

 

9合目の岩場では皆フラフラでしたが、何とか他の人が通らない進路を確保しつつ登る。ここの岩場が長くないことは過去の試走で良く分かっているものの、この疲労感ではやはりキツい。

Ryo君はいつの間にか先行していたので、私も必死について行く。そして久須志神社の鳥居が見えてきて、ゴールはもうすぐそこに!

ゴール前最後の折り返しのところで先に完走していたSSさんから声援を受けて、最後は少しだけ走ってゴール!!

5年掛かってやっと手に入れた、富士登山競走の完走でした。言葉にならない。

 

【ゴール後】

SSさん、Ryo君とゴールを目指しているであろうDamaさんと弟のゴールを待つ。

制限時間が刻一刻と迫る中、残り時間1分ほどでDamaさんが見事ゴール!!痺れました!

www.youtube.com

「走れー!」と言われてももう走れないというDamaさんの言葉には深く頷きました(笑)

 

制限時間を越えて携帯をチェックすると、弟は8合目関門でタイムアウトとの連絡。残念無念。今回は体調がすぐれなかったようだし、きっと来年はZunさんやちょびさんと共に山頂コース制覇してくれるでしょう。

山頂で500円のコーラを飲み、途中でソフトフラスクを紛失しながら5合目まで談笑しつつの下山。

最後に道の駅富士吉田で乾杯し、本当のゴールを迎えました。

 

【総括】

点数をつけるとすれば、前半戦70点、後半戦55点できりぎり合格=完走という感じでしょうか。

4時間程のレースだと考えた時に、前半戦で余裕を持たせる戦略を取ったのは正解だと思うし、実行できたのも良かった。

一方で、後半戦は2点大きな課題があり、①傾斜地でのトレーニング不足(トレミ含む) ②持久力不足 でした。

レース前の記事にも書いたように今回は殆ど傾斜地での練習が出来ず、それが後半戦の出力低下にしっかり反映されてしまった印象。もっと力が欲しい…。

持久力は練習復帰して4か月で、最長の行動時間が山頂の試走時なので言わずもがな。

そういう意味ではやはり3年前の方がしっかり準備できていた感はありますね。

ただ、今回は完走できればすべて良し!なので、それに向けてしっかり準備して結果をもぎ取れただけでも十分なのです。

 

 

さて、後述すると途中で書いた諸事情ですが、10月から九州の大学で教鞭を取ることになり(研究室を主宰する立場になってしまいました)、確実に富士登山競走に臨めるチャンスが今回だけだったためです。ゆえに何としても完走したかった。

もしかしたら来年以降も何とか参加できる可能性はあるかもしれませんが、今回の山頂コース制覇を以てひとまず卒業ということにしたいと思います。来年以降の挑戦者の枠を奪うのも申し訳ないし。

もう少し良いトレーニングが積めて、仕事の事情が許せる段になったら再度のチャレンジはあるかも。Never say never.

 

ということで、今回のレポはこれにて終了。2年半ぶりのロードレース、仲間との切磋琢磨、しばらく忘れていたものを取り戻すことが出来ました。

まずはレースを開催して頂いた富士吉田市と運営に関わった皆様に感謝申し上げます。レースあっての市民ランナーであることを痛感した2年半だったので、尚更感謝の念は強いです。

そして、長らくランもBlogも休止していましたが、レースに向けての応援や激励下さった方々の言葉は本当に力になりました。

レース前中後でもご挨拶したかった方が多数おりましたが、暫くレースを離れていて誰?となるのが怖くてチキってしまいました(Ka_Naさんやみっつさんはお見掛けした)。

つくばも今のところ走る予定ですし、またどこかのレースでご一緒のときに。

 

そしてグランドスラムも残すはサブスリーのみ。秋に1発で満額回答したいところですね。

 

※数日間コメント欄解放しておきます。

【レースレポ】第75回富士登山競走【前日~前半戦】

全2回で完結の予定。今日はレース前日~前半戦のパート。

 

【前日】

午後に富士吉田入り。弟と共に遅い昼食を取ってから浅間神社で完走祈願(完走守りもポーチにつけて走りました)。

夕飯はほっともっとの弁当(店の選択肢が無かった)。翌日の準備をしてから9時ごろ就寝…しようとしたけど、前日に引き続きなかなか寝付けず。外の雷と雨の音が気になりつつも、11時くらいには寝つけたと思われ。

 

【レース前】

4時起床。朝食はコンビニおにぎり3つ。

軽いストレッチやらワセリン塗ったりやら色々準備して5時15分頃に宿を出る。20分弱歩いてスタート地点の富士吉田市役所へ。

前日夜の降雨の影響は無く、スッキリと晴れ渡った空に映える赤富士が見事でした。

気温は程よいものの、日差しの強さが少し気になるような天候。

 

中庭の駐車場で準備をしていると、弟がSSさんを見つけて久々の再会で談笑。

本人はあまり公にしてない&私もえいさんのツイートで知ったのだけど、SS氏は来週末から開催されるTJARに出走予定。故に登山競走にエントリーしていると思わなくてビックリしてしまった(;´Д`)

荷物預けに行くタイミングでDamaさん&Ryoくんに捕捉され、皆の完走を誓いつつ写真撮影。

www.ryorun.com

6時15分くらいに待機場所に移動して、30分の交通規制が始まってブロック整列が始まったタイミングでみずさんを発見してこちらも久々のご挨拶。以前以上に引き締まった体形になっていて、流石月間1000 kmの男…と思いながら。

 

レース前のセレモ二ーは多くの人が言及しているけど、今年還暦で過去富士登山競走10回優勝の芹沢さんのスピーチが素晴らしかった。

↓芹沢さんがどんな方かは下記Youtubeの動画参照。

www.youtube.com

私が特に印象に残ったのは、富士吉田市のあらゆるイベントを中止にしている中で富士登山競走を開催する決断をした市と関係者への謝意の下りでした。

改めて開催してくれたことと、その上でスタートラインに立てた喜びでこの時点で胸が一杯でした。

恒例のエイエイオーも周囲に配慮した形で実施して(笑)、いよいよ定刻の7時にスタート!

 

【スタート~馬返し】

Cブロックスタートでロスは27秒。

今回の前半戦の戦略は、前日にも書いた通り馬返しまでは62~63分で余裕を持って進んだ上で、後半何があっても対応できるようにすることでした。

中央通りの交差点に入るまでに弟に先行する形になり、そのまま突っ込み過ぎないようにリラックスして。浅間神社の通過が13分50秒くらい。

そこから先は木陰でだいぶ走りやすくなったので、ペースを落とさずゆるゆる進行。

↓下記動画の5'55~くらいに映っています。

www.youtube.com

5 km手前辺りでDブロックスタートのSSさんが何故か前方に居たので、並走しながら話をしつつ進む。

(私の後方に居た弟は、何でレース中にこいつら談笑してるんだと思っていたらしい(笑))

結局馬返しまでSS氏とは引きつつ引かれつつで、馬返しの通過が63’47

水をソフトフラスクに移したりした後での通過なので、ほぼ想定通りの進行。

 

【馬返し~5合目】

トレイルパートに入った途端SSさんにはぶっ千切られる(笑)

私も走れる傾斜のところは走って、ペースの上がらないランナーはパスしつつ進んでいく。

 

ただ、例年標高が上がって3合目辺りになるとたいぶ涼しく感じるようになり始めるんだけど、今年はそういう気配が無く発汗が収まらない。

シングルトラックになる場面でも全体として少しペースが遅いな?と思う時もあり、この辺りから好天の影響がランナー全体に牙をむき始めた印象。

3年前の5合目打ち切りの時には殆ど見かけなかった、脚攣りの人やコース脇で脚を伸ばしている人もちょくちょく見かけるようになる。

 

自分自身は余裕を持ったペースで入っているので苦しさはそこまででは無いものの、思ったよりも体力を消耗している感じ。

とは言っても、5合目までは散々走っているので淡々と無理のないペースで進み、5合目通過が2時間3分15秒

2時間前後の通過を想定していたので若干遅れたものの、関門閉鎖までの余裕はまだ10分以上あり、この調子なら5合目以降も何とかなるかな…とこの時点では思っていました。

 

 

余談: スタート待ちの図

(c)ぶらざースポーツ

第75回富士登山競走備忘録(来年以降のチャレンジャーに向けて)

山頂コースの完走率は44.9%だったようですね。

www3.nhk.or.jp5合目以降の砂礫パートは前日夜の雨である程度固まっていましたが、5合目までの暑さが響いたのかもしれませんね(レポでもその辺り触れます)。

 

 

さて、レポの前に来年以降挑む方々への備忘録的な記事を。

 

・五合目通過は遅くても2時間5分~10分の間

(私を含む)ロードランナーは特に。ある程度ロードで貯金が無いと以降の関門が厳しくなるので、余裕を持ちつつも貯金を作っておくのが望ましいかと。

 

・岩場対策に必ず手袋は持参

手袋を持ってない人がボトルネックになっている場面が多数。大した重量も無いので、思い切り良く岩場で三点支持をするために持って行くが吉。

 

・自身の体調に敏感に

3000 mを駆け上がる以上、大きい気温差の中で4時間近くを過ごすことになるので、自信の体調には細心の注意を払う必要有。高度が上がって涼しくなったからといって水分の補給をしなくて良い訳ではない。思った以上に汗をかいているので電解質の補給も重要。

 

・試走は出来れば馬返し~山頂

富士吉田市役所-5合目佐藤小屋や5合目佐藤小屋-山頂の試走だと後半のシミュレーションが不完全でした(試走時より25分遅れ)。

ある程度身体に酸素負債を抱えた状態で登らないと分からないことも多々あるので、出来れば馬返し-山頂の試走をお勧めします。

 

・山の中でのペース管理

試走時にチェックして、ある程度自分の中で基準を持っておいた方が良い。

自分の場合、8合目の関門から山頂まで順調なら30分というのは頭に入っていたので、関門通過時点のタイムでどの程度追い込む必要があるのか分かっていたのは心理的に重要でした。それより下では確認してなかったのが今回のミス。

 

・攻める/自重する勇気を持つ

正直ロードとは全く違う要素の求められるレースなので、自分がコントロールできる部分とそうでない部分を切り分けることが大事。

馬返しまでのロードは問題無いとして、馬返し以降のトレイル-山岳パートはわざわざタレている人の後ろにつく必要はなくて勇気を持って交わして行く必要があるし、自分の脚が厳しかったら前の人について体力の回復を待つのも大事。

これは5合目コースを走ると体感できるので、山頂コースでも詰めるところは詰めるのは重要。

 

・最後は運。だけど、自分の力でカバーできる部分もある

結局レース前日-当日の天候で山頂コースの開催有無は決まるし、コースの難易度も変わってくる。

開催有無はどうにもならないけど、難易度は戦略や対応の仕方でどうにかなる部分もある。

究極的には走力があればどんな展開でもねじ伏せられるのだろうけど、完走ギリギリランナー的には、レース前のトレーニングにプラスして全体のペース戦略や補給などでカバーすることも大事。

 

 

あまり具体的では無いし、富士登山競走に挑むランナーならそんなこと分かってるわい!と言われるだろうけど、実際走って完走して思ったことを素直に書き記しました。

参考になるかどうかは置いておいて、来年以降の山頂への挑戦者に捧げます。

T-minus 1 d 或いは富士登山競走前日の心境

レースの前っていつも何書いてたっけ?

 

一応去年トラックレースに1度だけ出走したものの、ロードレースは2年半ぶり。

どきどきわくわく。スタートを待っている時はどんな気持ちになるんだろうか。

 

3年前は無念の打ち切り。

beer-beer.hateblo.jp

そして去年・一昨年は開催中止。

beer-beer.hateblo.jp

ただ、去年もレースに向けて練習復帰したこと自体は無駄ではなくて、練習の期分け効果やどこまで準備期間があれば戻せそうかなど、得たものもそれなりにありました。

 

 

体の調子は良く分からんけど、とりあえず怪我無く4か月準備できたことに安堵。

(距離は短いけど)ほぼ毎日走るようになって、体の声に敏感になれた(気がする)お陰かも。

とは言いつつも、レースから2年以上遠ざかっていたのも事実だし、これまでの過去2回の準備に比べて圧倒的に傾斜地での練習も少ない。

練習強度は3年前の水準に戻せつつあるけど、その強度でどのくらい練習出来たか?を考えると、十分にベースラインを上げられたかどうか自信が持てない部分もあり。

 

であったとしても、分割での試走(富士吉田市役所-佐藤小屋、佐藤小屋-山頂)では各々試走でのベストタイムを叩け出せたという事実もあるので、完走までの最低限のラインには届いていると思いたい。

一にも二にも、まずは制限時間内に山頂まで辿り着くことっすね。

 

 

とりあえず装備は以下の通り。

頭: Buff(6合目から+ヘルメット)

上: ドライレイヤー+プロトはてブロノースリ

下: ランショーツ

靴: キンバラ10

ポーチ: ソフトフラスク・ジェル(2つ)・塩熱サプリ(2錠)・バーサライトジャケット(下山用)・手袋・携帯・小銭

 

塩熱サプリは馬返しと5合目で1つづつ。ジェルは5合目で1つ。あとはエネルギー残量次第で。カフェインは入れない予定。

ソフトフラスクは水を300 mLくらい入れて、スタートから馬返しまでは自分のタイミングで給水。馬返しで5合目までの分を補給して…という計画。

 

過去の通過タイムなどを考えると、馬返しまで62~3分、佐藤小屋で2時間前後くらいの想定で前半は進行できるかなー。

5合目から上が疲労を抱えた状態でどうなるか未知数なので、アクシデントがあったとしても2時間半はかからないようにしたいところ。

 

知り合いは勿論だけど、この日のために準備してきた皆が力を発揮できるように。

特にとは兄弟揃って山頂コース完走できれば嬉しいけど、どうなることやら(意味深)

 

そして、この投稿が本ブログ1000個めの記事のようです。サボっている期間もそれなりに長かったですが、思えば遠くに(ry

では1001個めの記事、レースの結果報告でまた!!