武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。いつの間にやらサブ3:15ランナーに。

MENU

【レースレポ】第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(その④:ゴール後とまとめ)

今日はラボのレクリエーションでちょっと外まで。

昼間っから飲める(笑)ので、その前に10 km程jogしているはずです(予約投稿なので…)

筋肉痛は細かいところに残っている感じですが、全体的な脚のコンディションは戻ってきた感じ。まだスピード出してないのでアレですが(;'∀')

今日WSを数本入れて、明後日きっちり追い切り出来るような態勢にしたいですね。

 

今日でレポは最終回。ゴール後のお楽しみとまとめです!

レースレポ:第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン

・ゴール後

完走メダルを掛けて貰い、先にゴールしていた弟とお互いの健闘を称え合う(笑)

ちなみに今回、弟は6時間52分での完走。アップダウンと暑さにやられたとのこと…そりゃ今まで経験したウルトラは平坦だけだもんねぇ(;´∀`)

完走証を貰い、改めてきっちり7時間を切れたという事実を認識する。

 

あー、本当に嬉しい!!! 達成感の一言しか無いです。はい。

 

一番悔しいのはグロスでダメでネットで切れたパターンなので、最初のスタート時のロス5秒がここで効いてきましたね。。。まさか71 km走って数秒の勝負になるとはレース前には思うまい。

流石に疲労感で一杯だったので、水を被って10分ほど休憩した後に競技場の外で豚汁を頂く。あー、塩分が体に染み渡る…何杯でも食べて行って!!と言われましたが、弱った胃腸じゃそんなに食べれません(笑)

 

荷物を受け取ってから体育館で着替え。帰りのバスは予約済みだったので、15時のシャトルバスで富士山駅に行くべく焦って着替える。

小走りでシャトルバスに乗り込み(まだ走れる余力があった!!)、15時半には富士山駅へ。お土産を調達してから、お待ちかねのアレ。

f:id:beer_beer:20180425154525j:plain

富士山ソフト!・・・じゃなかった、

 

f:id:beer_beer:20180425145132j:plain

富士山(ふじやま)ビールのピルス。あー、まさに勝利の美酒。この1杯のために71 kmを走ってきたと思うと感慨深い…河口湖ハムのソーセージをつまみにゆるゆると。

バスは17時過ぎの予約だったので、暑さで沈んでたら帰りがヤバかったねーなど反省会しつつ、もう一杯お替り(笑)

至福のひとときを過ごすも、バスの時間が迫ってきたので最後にもう一積み。

f:id:beer_beer:20180425154933j:plain

個人的にはこれが大ヒット! むっちゃ美味い!! きな粉・黒蜜とバニラアイスとバランスが絶妙でした。また試走に来た時に食べて帰ろー。

 

帰りのバスは安定の事故渋滞で2時間遅れの帰宅(;´Д`) 帰るまでがマラソンなのです。。。

 

・まとめ

・レース運営面

さすが日本最大規模のウルトラマラソンのレースということもあり、安定した運営のように感じました。ただ、更衣室の場所はもう少し考えたほうが良いかも?

アーリーエントリーの特典がちょっと残念でしたが、メダルも凝っていて好印象でした。かつてあったというフィニッシャーズタオルがあれば尚嬉しかったけど、そこまでは高望みですね。

ボランティアの皆さんも士気が高く、色々な場所で声を掛けて頂いて嬉しかったです。

全体的に不満点は無く、歴史ある大会はやっぱり違うなと。

一点勿体ないなと思ったのは、公式ツアー関係の料金の高さ(;´Д`) 今回みたいに節約のしようは幾らでもあるので、横目に見てしまえばいいんですが…。

 

・コース

季節外れの灼熱のレースになってしまいましたが、天気が良かった分景色は最高!!

湖越しに見える富士山は本当にそれぞれ趣が違って美しかったです。桜が残っているタイミングならなお素晴らしいんだろうなー。中盤までは景色を見ながら走っているとあっという間でした! 

山あり谷ありのそこそこ厳しいコースではありますが、逆を言えば飽きのこないコース設定であり、走りがいのあるコースだと思います。ただ、最後の坂だけは…。

走路の狭いところもちゃんと除草や枝の剪定をしていればもう少しスペースが確保できるんじゃないかと思うので、(行政の仕事になっちゃうけど)改善されるといいなーと。

東京からのアクセスも良く、コースも(アップダウンがキツい以外は)素晴らしく、距離も選べるので割とおススメできる大会かなーと思いました。

 

・自分の走り

人生で2度目のウルトラマラソンに挑んだわけですが、去年の柴又のレースレポでこんなことを書いていました。

レース直後は達成感で一杯でしたが、最後にあれだけペースを上げられるだけの余裕があったっていうのは、本当の意味で完全燃焼とは行かなかったんだろうなぁ…と。今は達成感半分、悔しさ半分って感じです。

柴又60 kmの総括&もしあなたがウルトラマラソンに挑戦するなら - 武蔵野市民のランニング備忘録

この記事のことは忘れていたんですが(笑)、速報の副題にも書いた通り今回は"完全燃焼"できました!

暑さの影響もあり大崩れしない走りを心がけて、目標だった7時間を切れたのは本当に嬉しくて、昨日くらいまで達成感に包まれていました(*´∀`)

色々と思ったことについては、別の記事で柴又向けの備忘録として明日まとめるとして、今持てる力をしっかり発揮できたベストレースと言いたいです。

個人的には60 kmを越えてもまだまだ走れる余力があることにちょっと驚き、ちょっとだけ勇気を貰えました。それで100 kmまで走りきれるかはまた別ですが、ステップレースとしては十二分な成果だったと思います。

100 kmに自信をもって臨めるとは言えませんが、勇気をもって立ち向かえるくらいにはなったかな?

 

ということで、第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンのレースレポは以上になります。長文にお付き合い頂きありがとうございました!

明日は柴又100Kに向けて今回やって効果のあったことなどをまとめたいと思います。