武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。出来たてほやほやサブ3.5ランナー。

レースの写真からフォームチェック

昨日の夜に柴田さくらマラソンの写真が公開になったので、それを見つつ改善点があるかどうか確認。

中々普段の練習で写真や動画でチェックというのはしづらいので、貴重な学びのチャンス!!

 

撮影ポイントはゴール1 km手前とゴール前の2箇所。

・・・どちらもすでにバテバテだったんだけど、一応写真を確認。

 

f:id:beer_beer:20160428202702j:plain

f:id:beer_beer:20160428202710j:plain

上記写真はおそらくゴール直前のもの。1 km手前のはあんまり良い連続の動きじゃなかったので割愛。

 

腰が落ちてる上に、上体もガチガチでかなり格好悪いのは承知の上で、脚の動きに着目してみる。

片足が接地している時のもう片方の足の巻上げは割りと良い感じ(1枚目)。

バテていても体の前に壁を作って走れている様子は見て取れる。

 

ただ、その先の巻き上げた足を振り出す形があんまり良くない(2枚目)。

股関節から足が出ているのは良いとして、もう少しコンパクトに振り出せると理想的。

 

疲労度合いを考慮するとそんなに悪いフォームではないと思うけど、もう少し綺麗に走れそうな感じはしますねー。

 

比較的ストライドの大きい走りをしているので、本当は中盤辺りのしっかり走れている時のフォームも見れると、どこが弱いのかがはっきりするんだろうけど…それは次走に期待。(この時の平均ピッチが180 spm、ストライドが130 cm程)

 

まー、この2ヶ月間取り組んできたことは、ある程度実戦で生きたようなので一安心。

まだまだ向上の余地はあるので、少しでも次につながる様にせねば。

広告を非表示にする