武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。出来たてほやほやサブ3.5ランナー。

MENU

【レース回顧】富里スイカロードレース【オフ会後の激闘】

さつかさんよりTシャツの受付締切後の流れについてアナウンスがありました。

marathon.hatenablog.jp

注文内容の確認メールは無し。ということになりましたので、ご自分の注文内容に間違えがないか締め切り前に確認をお願い致します!

 

今朝は雨も降っていたし、予定通りランオフ。

賞味期限切れっぽいけど、消化しきれていなかった日曜日の富里スイカロードレースのレポをようやく。1回で終えるので長文ですがご容赦ください。

・レースレポ:富里スイカロードレース

・レース前

前日のオフ会後に実家へ移動。翌日は5時起きだったけど、寝るのが遅く寝不足気味…。前日の予報では曇りだったものの、家を出る時点で雨で気持ちが少し萎えかける。。。

成田駅からのシャトルバスが混むという事前情報があったので、7時過ぎに余裕を持って成田駅着・・・も既にシャトルバスに乗るために長蛇の列でビックリ。それでも次々とバスが到着したお蔭で、正味15分位の並びで済んだと思います。30分近くバスに揺られて会場到着。

とりあえず会場を一回りしてから雨宿り出来そうな場所を探すも、どこも人で一杯(哀)。何とか場所を確保していそいそと準備。

10 kmのレースなので流石にちょっと体を温めておきたいなーとは思っていたものの、断続的に降ったり止んだりする雨でアップもできず敗因① とりあえずその場でできるストレッチだけはしておきました。

出走40分前になったので、そろそろ荷物を預けに行きますかーと意を決して外に出るも、荷物預けは長蛇の列敗因② 列の進みも早くてオペレーション自体は文句無かったものの、最近は自分で荷物預けするレースが多かったので油断していました。

やっとこさ荷物預けが終わると、発走10分前。結果的に丁度良い時間かな?とかこの時点では思っていましたが、会場からスタート地点までの距離が遠かった敗因③ これは自分の確認ミスとしか言いようが無いです。

急いでjogでスタート地点まで向かい、最終的にスタート地点の45分以内のプラカードの近くにたどり着けたのはスタート30秒前(笑) この時点で気が抜けまくっているのが分かる展開ですね…。

・レース

小雨が降りしきる中のスタート。45分の場所に並んだものの、場所ににつかわないペースで走り出す人多数orz。仕方ないので、時々歩道を走りながら自分のペースで走れそうなところまで。そんなこんなで1 km目は4'08と渋滞に巻き込まれた割にはそこそこの出だし。

1.5 kmくらいからようやく周りのペースが合ってきて、淡々と走る…もいきなりそこそこの坂があったりして、なかなか走りのリズムが作れず。2 km目は4'03で走れているけど、体感的にはもっと速いペースで行っている感じがあったので、振り返ってみてもイマイチでしたね。

レース前のアップを怠っていたせいか、走っていても膝がギシギシ言っていてスピードが出ない出ない。加えて雨の割に高い気温で体から熱が逃げず、滝汗をかき続けるというシンドイ状況。結局体が動き始めたのは5 km位からで、それまでのラップは4'15、4'20、4'28と右肩下がり(笑)。とても10 kmレースとは思えないラップだ…笑うしかないです。

レースも半分を過ぎた6 km目からやっと体がまともに動き始めるも、水を被っていないのに汗でずぶ濡れの状態で体力の消耗大。ここまでのラップを考えても、40分切りは不可能で、現実的な目標とした41分内も無理っぽい。行けて42分前後かなーということで、仕切り直して走り始める。我慢しながら4'18、4'19と少し持ち直すと、割と前の人を拾って行けて、少しではあるもののやる気を取り戻す。

8 km目を4'22として後2 kmってところで、流石にこのまま腑抜けた走りでは終われない!と思い直して、少なくとも閾値ペース位までは上げて終わろうと。丁度後ろから良いペースのランナーが来たので、後ろに付いて引っ張って貰う。

下り坂に入ってちょっと一休みすると、前方にテントの列が…ああ、これが給スイカ所かーと思うも、体力的に限界だったのでスルー。ここの風景はウケるので、是非出走して見て貰いたいです(笑)  ここの通過が丁度37分くらい。

給スイカ所が終わった直後に激坂があるも、ここで残り1 kmだったので脇目も振らず駆け上がる。ちょっと息を使った感じはあったものの、残りのゴールまでの平地も余力を振り絞って走り切ってゴール!! タイムは42'29と目標に遠く及ばず。ただ、ラスト2 kmはどちらも4'07でまとめられたので、そこだけは褒めてあげたい(笑)

・レース後

汗で靴下までずぶ濡れだったのでそそくさと着替えた後、お目当てのスイカの食べ放題へ!

f:id:beer_beer:20170630110555j:plain

こんな大量のカットスイカを見る機会は今後無いだろうなーってくらいの量。最終的に8切れ頂きましたが、瑞々しくて甘みも強く大変美味でした。

その後買い物などしていたら雨脚が強くなってきたので、シャトルバスに乗って成田駅まで帰投。電車に揺られて帰宅しました。

・総括

帰ってガーミンのログを見てみると、心拍数が180越えだったのは最後の激坂のところだけ。ってことは身体的にはまだまだ余裕があったってことですね。

前日に飲み会があったとは言え、レース前の準備の段階でかなり気が抜けていて、PBを狙うだけのメンタルが出来ていなかったなーと反省。逆を言えば、しっかり追い込めるだけの気持ちが出来ればそこそこいいタイムで走れるんじゃ…と淡い期待も。

この借りは7/22の10 kmレースでちゃんと返したいところです。

レース自体の評価としては、町を挙げて盛り上げようという雰囲気も強く、レース中の応援も悪天候の中かなりの人出があって驚きました。全体的なオペレーションもしっかりしており、あまり不便を感じることはありませんでした。ただ、ファンラン寄りの人の参加者が多数なので、タイムを狙うんだったらちゃんと最前列付近を確保すべきかなーと。

レースというよりお祭り的な雰囲気が強いので、そういう意味ではタイムが不調でも楽しめたのは確かです。抽選なので確実に走れる訳じゃありませんが、1回は走って貰いたいレースだと感じました。今年抽選に外れた方も、来年は是非当選するよう祈願します!!

f:id:beer_beer:20170630113331j:plain

広告を非表示にする