武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。いつの間にやらサブ3:15ランナーに。

MENU

【己を】2018シーズンインまでの練習方針(その①)【知る】

ということで、OTTで燃えたので練習メニューを再考したいと思います。

今までの基本は、

火曜日:jog+Rペース(WS×n 本 or 1 kmTT、ガチゆる)

木曜日:閾値走+短めのjog

土曜日:ペーラン(15 km前後)

日曜日:ロングjog(15 km以上)

って感じでした。(最近は週末のセット練もサボリ気味…(;´∀`))

年間通して常に実施していたのは、火曜日と木曜日のメニュー。ダニエルズ信者として、jogとTペース走は欠かせない(キッパリ)。

 

一方で、各距離ごとのVDOTの値は以下の通り。

距離( km) タイム VDOT
1 3'24 51
5 19'15 52.1
10 39'11 53.2
21.098 1:25'15 54.3
30 2:10'58 51
42.195 3:13'11 50

f:id:beer_beer:20180502141109p:plain

無駄にグラフにしてみましたが、私の走力的にはハーフ付近が頂点で、そこから距離が長く/短くなるにつれて相対的に落ちるということになります。但し、長い方の落ち込みが顕著。

こなしてきた練習メニューとVDOTの傾向は一致しているように思えます。なぜなら、ハーフで求められる能力は閾値付近のスピードを維持する能力なので。やはり練習は嘘をつかない。

そう考えると、私の伸びしろは距離の短い部分と長い部分ってことになりそう。スピードとスタミナって当たり前じゃないか…。

 

今までの練習メニューで特に欠けていたのは、レペ(ショートインターバル等)・伝統的なインターバル(個人的に不要と考えているので)・ロング走(30 km走すら数えるくらい…)。うーん、インターバルは置いておいても後は伸びしろと一致してますね(;´∀`)

 

以上を踏まえつつ、じゃあどういうメニューで行くかを次回から考えて行きます。

広告を非表示にする