武蔵野市民のランニング備忘録

元仙台市在住の酒好き/駆け出し大学教員がランニングについて書くブログ。出来たてほやほやサブ3.5ランナー。

MENU

1kmTTのタイムから見る今の練習強度

昨日は21時過ぎには就寝。やっぱり飲みすぎたダメージは大きかった…。

今朝は清々しい目覚め。脹脛にはまだちょっと張りがあるけど、この位ならば想定内。

 

さて、土曜日に久々の1kmTTをやって、3'43という時計でした。

一応練習の設定タイムはJack Danielsの式を参考にしています。推奨としては直近のレースでのタイム or 1.5km以上のTTのタイムと言われていますが、経験上ハーフマラソン向けの練習ならば1kmTTのタイムでも相関性がある感じなので、入力してみると…。

f:id:beer_beer:20160314192033j:plain

jogのEペースが5'28-47、ペーランなどのMペースが4'50、LT走のTペースが4'33という値が推奨値と算出されました。

 

そこで、今の練習での設定値と見比べてみると、

jog:設定5'30→推奨5'28-47

ペーラン:設定5'00(実測ペース4'51)→推奨4'50

LT走:(今週末行う予定では)設定4'40→推奨4'33

と大まかに一致しています。つまり、ある程度妥当な設定・負荷でしっかり練習出来ていたということになります。適当ではあったけど、感覚って凄い(笑)

(ちなみに先日のいわきでのフルマラソンのタイムを入れてみると、VDOTで35程度。これだと上記推奨値+1'20くらいになってしまうので、練習負荷としては?)

 

このペースならば比較的余裕を持ってポイント練習をこなせているので、来週辺りの練習から少し設定タイムを見直す予定です。徐々に90分切りが視野に入るところまで持っていけるかなー。VDOT換算だと51くらいなので、だいぶレベルは高いけれども。

 

フォーム面では、最初に触れたふくらはぎの張りはTTで蹴って走っているのが原因かと思います。本当は大殿筋などの大きい筋肉で推進力を得たいところですが、まだまだ全力に近いペースではそこまで意識出来る状況では無く。

5分切る位のペースでは良い感じで走れているので、高速域での体の使い方も少しづつ改善していきたいところです。

広告を非表示にする